大手だけでなく、中小企業でも産業用ロボットを導入検討をする企業が増えてきておりますが、産業用ロボットを扱う上で必ず必要になることがあります。
それが、産業用ロボットの特別教育です。
産業用ロボットを扱うことで、生産性向上や技術継承、若手活躍の場の提供と、様々な側面でメリットを享受できますが、同時に気を付けなければいけないのが労災です。稼働台数が増えれば増えるほど、産業用ロボットによる危険個所も比例して増えていきます。
少しでも産業用ロボットによる事故を防ぐため、産業用ロボットでは特別教育が必要になります。

産業用ロボットに関わる人は誰しもが特別教育が必要

実は産業用ロボットは特別教育を受けることが義務付けられており、その適用範囲は産業用ロボットに関わる業務に従事する作業員からメンテナンスを担当する従業員の方まで、産業用ロボットに関わる全ての人が特別教育を受講する必要があります。
特別教育の必要性は、厚生労働省の労働安全衛生法第59条第3項に記載されています。

労働安全衛生法第59条第3項
事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならない。

労働安全衛生法 第六章 労働者の就業に当たっての措置(第五十九条-第六十三条)

特別教育の適用範囲はどこまでか

実は、産業用ロボットの特別教育は安全衛生特別教育規程にて内容まで明確に定められています。
教育規定では産業用ロボットの教示と検査に分かれ、それぞれにカリキュラムが決められています。

科目範囲時間
産業用ロボットに関する知識産業用ロボツトの種類、制御方式、駆動方式、各部の構造及び機能並びに取扱いの方法 制御部品の種類及び特性4時間
産業用ロボットの検査等の作業に関する知識検査等の作業の方法 検査等の作業の危険性 関連する機械等との連動の方法4時間
関連法令法、令及び安衛則中の関係条項1時間

中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター「産業用ロボットの教示に関する特別教育カリキュラム」

科目範囲時間
産業用ロボットに関する知識産業用ロボットの種類、各部の機能及び取り扱いの方法2時間
産業用ロボットの教示等の作業に関する知識教示等の作業の方法、教示等の作業の危険性、関連する機械等との連動の方法4時間
関連法令法、令及び安衛則中の関係条項1時間

中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター「産業用ロボットの検査に関する特別教育カリキュラム」

産業用ロボットの教示と検査とは?

それでは、産業用ロボットの教示と検査とは一体何が違うのかを説明致します。
産業用ロボットの教示とは、ティーチングとも呼ばれている作業で、ロボットにどのような作業をさせるかを記憶させることです。ティーチングにも様々な方法がありますが、ティーチングの種類についてはまた別の記事にてご紹介いたします。

産業用ロボットの検査とは、産業用ロボットが止まってしまった場合や不具合が起きてしまった場合にロボット自体を再稼働させるのに必要です。産業用ロボットには緊急停止ボタンというボタンがありますが、製品やワークに不具合が生じた時に押すことが出てきます。その場合、再稼働させるためには産業用ロボットの検査の教育を受けておく必要があります。

どちらの作業も産業用ロボットを扱う上で必須になりますので、教示、検査両方のカリキュラムを受けておく方が良いでしょう。

産業用ロボットの特別教育はどこで受けることができるのか

産業用ロボットの特別教育は全国各地で行われています。JISHA(中央労働災害防止協会)や各都道府県の労働基準協会連合会、ロボットメーカーやロボットSIer等、様々な組織・団体で行っていますので、お近くで産業用ロボットの特別教育を行っている組織・団体を探してみると良いでしょう。
その際は、上記で紹介している教示・検査それぞれのカリキュラムを満たしているかをしっかりと確認し、受講することをお勧めします。