産業用ロボットとは異なる内容を記載します。気になったニュースがありました。今日はソフトバンクグループの中間決算がありました。営業損益が155億円余りの赤字となり、1兆4000億円余りの黒字だった前の年の同じ時期から一転して営業赤字に転落しました。

 記者会見したソフトバンクグループの孫正義社長は、「今回の決算はボロボロだ。真っ赤っかの大赤字で、まさに台風というか大嵐という状況だ」と述べました。

 既にあらゆるメディアでとりあげられているため詳細は省きますが、この件の対応については経営者が学ぶべきことがあると思います。

  • どれだけ大変な状況にいても、自らのミスを素直に受け止めること
  • 失敗にめげずにビジョンに向かって進むこと

経営者は意識的につくらない限り、自己を振り返る機会がありません。孫さんのように失敗を受け入れて、ビジョンに向かって邁進する姿勢は、取り入れると良いでしょう。