提案類型【B.コスト削減に向けたSIプロセス実証事業】

補助金上限額:3,000万円
補助率 中小企業:2/3、大企業(中小企業以外):1/2
ロボットシステムの構想・設計・導入を担うシステムインテグレータと密に連携し、ロボットシステムの導入におけるシステムインテグレーションのコストを削減する設計手法の実証を行う計画を対象とします。
補助事業者(企業名)(株)北斗
補助事業者(所在地)群馬県伊勢崎市
SIer(企業名)(株)エフエーシステム
SIer(所在地)群馬県伊勢崎市
タイトル機能展開型SIプロセスによる薄板板金プレスの自動化
企業規模中小企業
業種製造業(金属製品)
用途検査・搬送
導入の主な目的労働生産性の向上
概要薄板板金プレス部品において、検査・搬送工程においてロボットを導入。
従来の「作業置換型」のSI手法から、「機能展開型」のSI手法を取る事で導入コストを削減。
概要②「多品種少量生産」が要求される書類等収納棚(事務製品)に使用される金属製の「薄板板金部品のプレスライ ン」においては、人件費の増大や目視検査による検査品質のばらつきが問題となっており、利益創出が難しかっ た。
従来のSI手法では、人が行っていた作業を単純にロボットに置き換える「作業置換型」のSI手法であったため、 導入コスト高額になってしまっていたが、今回は必要な要素・機能を、産官学で形成される技術検討を行う事で「機能展開型」のシステム開発を行った。これにより、ロボット導入のコストを大幅に削減する事ができた。
導入前人の作業を単純にロボットに置き換える「作業展開 型」のSI手法
垂直多関節ロボット3台×1,500万円 4,500万円

合計 4,500万円
導入後必要な要素・機能を分析し、システムに集約する「機 能展開型」のSI手法により導入コストを削減
セーフティレーザスキャナー58.5万円
画像処理機能付きスカラロボット 材料387万円
位置決めロボット2,181万円
作業費等95万円
合計2,721.5万円
導入ロボット(種類) スカラロボット
材料位置決めロボット
導入ロボット(メーカー)ヤマハ発動機
導入ロボット(型番)オリイメック
YK1200X R
労働生産性
単位:倍
16
人数
(導入前)
2
(導入後)
単位:人
1
労働時間
(導入前)
32
(導入後)
単位:時間
4
生産量
(導入前)
4,800
(導入後)
単位:個
4,800
その他効果流出不良を抑制
投資回収年
単位:年
4.8
事業規模
単位:百万円
27.6
効果(年あたり)100(売価)-41(製造原価)=59
(利益)×96,000(生産数/年)
=5,664,000(利益/年)
ロボット導入のきっかけ株式会社北斗は、現在従業員数47の精密プレス部品を得意とする企業です。当社で製作する製品は、 事務機器用部品をはじめ、産業用設備部品や医療機器部品と多岐に渡る製品を製作しています。取引 先からの品質やコスト要求に対し、当社の利益確保のため、積極的に設備投資や技術開発に日々取り 組んでいます。
特に事務機器部品については、年々多品種少量生産化が進んでおり、現状の生産方式では利益確保 が難しい状況となっていました。そのため、ロボット導入による 自動化での生産が急務であり、今回の導入に至りました。
また、検査工程においても目視による検査だったため、作業者 による検査品質のバラつきがあり、不良流出が問題となっていま した。検査工程をロボットと画像処理による自動検査にする事 で、不良流出を抑制したいという事も導入の大きなきっかけとな りました。
ロボット導入を終えて従来のSI手法では人の作業を単純にロボットに置き換える言わば「作業置換型」の手法でした。これによ り、ロボット導入費用が高額になり、費用対効果を見込む事が難しい事が現状でした。今回のロボット導入 でのSI手法では、産官学で技術検討を行い、必要な機能を分析しシステムに集約する「機能展開型」の SI手法で、ロボット導入費用を削減する事が出来ました。
今回導入したロボットシステムでは、作業者が加工対象 製品をカメラで形状をスキャンさせる事で、システム形状を 認識し、加工プログラムが起動する仕組みを構築しました。
また、検査工程についてもカメラによる画像処理機能を付加 したスカラロボットを活用する事で、良品不良品判定を行い、 それぞれ分別する仕組みにする事で、自動化に成功しました。
今回ロボットを導入した事で、人件費や加工費等を大幅に 削減でき、費用対効果の高い設備投資をする事ができました。
ロボットユーザーからひとこと多品種少量生産の常態化 した生産現場の問題を吸い 上げ解決したものが、今回導 入したシステムです。
スキャンした情報をもとに、 各ロボットを自動的に制御することで、熟練技術者を必要としていた工程を、システムに置き換えることがで きました。更に制御プログラムの自動呼出しを行 うことで、オペレーターは特別な技能を習得しな くても、システムを稼動させることが可能となりま した。
今回のロボットシステムの導入によって、今まで 諦めていた多品種少量生産の合理化が可能と なり、今後のものづくりにおける「IoT」化に向け て、大きな一歩を踏む出すことができたと確信し ております
ロボットシステムインテグレータからひとこと
従来までコスト的に導入が難したったロボット ですが、産官学で技術検討を行うことで、人の 作業を単純にロボットに置き換えるだけではなく、 ロボットに関連するシステムに機能を集約するこ とにより、コスト削減したSI構築をすることができ ました。
今回のような取り組みは、多様な事業者様 でも展開することが可能だと思います。今回の 得られた成果を、他の製造業の現場にも応用 していければと考えています。

ロボット活用ナビより  http://robo-navi.com/webroot/doc_download.html