導入の主な目的

労働生産性の向上

タイトル

MEMSセンサ基板のアッセンブリ工程のロボット化による量産化実現

事業のポイント

超小型微差圧センサを搭載したMEMSセンサの組立工程にロボットを導入。

NEXTAGE双腕ロボット導入により完全自動化を実現、大量生産対応と生産効率向上を達成。

業種・企業規模

製造業 (業務用機械器具)・中小企業

補助事業者(企業名・所在地)

株式会社山本電機製作所・兵庫県神戸市

SIer(企業名・所在地)

THKインテックス(株)・東京都練馬区

用途

ハンドリング
投入

事業の概要

 超小型微差圧センサを搭載したMEMSセンサ基板の量産にあたっては、超小型であるがゆえに手作業による組立が困難であった。組立工程ではワークの
供給・排出、スイッチ操作といった作業には人の手を要し、常時、作業者が待機しなくてはならず、生産効 率の面から、量産時はこれを克服する必要があった。 加えて、長時間の反復作業、微細なワークの扱いは過酷作業であり、ロボットによる代替が不可欠と判 断し導入に至った。

 NEXTAGE双腕ロボットは人の動きをトレースすることが可能であるため、この特徴を活用し、作業者と 入替えで配置することが可能である。試作時は人の 手で行ったMEMSセンサ基板の組立工程について、 購入した設備や確立した手順に変更を加えることなく、作業場にロボットを配置するだけで自動化を実現することができた。

 これにより、約2倍の生産性の向上を実現した。

導入前・導入後の変化

導入前

センサチップと基板の接着工程において、 ワークの供給・排出や接着剤塗布のスイッ チ操作、基板の検査は人手で行っていた

導入後

双腕ロボットがワークを供給・排出

供給時にハンドカメラでワークの状態確認

ディスペンサのスイッチ操作をアームで行う

導入ロボット(種類・メーカー・型番)

人協働ロボット・カワダロボティクス(株)NEXTAGE TYPE-C

労働生産性

労働生産性 2倍
・人数 2人→1人
・労働時間 8.2時間→4.1時間
・生産量 500個/日→500個/日
その他効果 過酷作業の代替/支援・エラー率低下

事業規模

240百万円