提案類型A.労働生産性の向上
補助事業者(企業名)夏原工業株式会社
補助事業者(所在地)滋賀県彦根市
SIer(企業名)夏原工業(株)
SIer(所在地)滋賀県彦根市
タイトル多種多様な小型部品の梱包工程のロボット化
企業規模中小企業
業種製造業
(生産用機械器具)
用途ハンドリング
導入の主な目的労働生産性向上
概要形やサイズ、材質が異なる多種多様な小型部品の梱包作業を自動化。
人手に頼っていた数量仕分け作業をロボットで行うとともに、梱包作業と検査工程も自動化。
概要②形やサイズ、材質が異なる多種多様な小型部品を、品目別にストッカーで保管し、発注内容に合わせ
て作業者がストッカーから部品を取り出して、梱包を行っていた。発注量が多い日は作業者への負担が増加し、出荷が遅延する要因となっていた。そこで、棚に収納された部品ケースをストッカーから自動搬送し、ピッキング位置で画像解析システムとロボットにより指定された個数の部品をピッキングする。そして、数量計測後は小分けの梱包をし、梱包部品データを印字袋に印字することとした。これにより、今までは発注量に応じて最大10名の作業者が梱包作業に従事していたが、梱包装置との協業により効率化を図ることが可能となった。さらに、日毎の受注中品目から、品目別・数量別等で分析・抽出機能を持たせる事で、より効率の良い協業スケジュールが作成できるようになったことも大きな成果であった。
導入前人が部品数量を数え袋詰めをしていた
導入後ストッカーからパレットを取り出す
ロボットがパレットから部品をピッキング
梱包装置で指定量の部品を梱包する
導入ロボット(種類)垂直多関節ロボット
導入ロボット(メーカー)三菱電機(株)
導入ロボット(型番)RV-Fシリーズ
労働生産性
単位:倍
2.5
人数
(導入前)
10
(導入後)
単位:人
6
労働時間
(導入前)
40
(導入後)
単位:時間
24
生産量
(導入前)
1000
(導入後)
単位:個
1500
その他効果部品管理の効率化
事業規模
単位:百万円
35

ロボット活用ナビより  http://robo-navi.com/webroot/doc_download.html