導入の主な目的

過酷作業の代替/支援 (体力面)

タイトル

高温なアルミダイカスト部品のトリミング作業へのロボット導入

事業のポイント

アルミダイカスト部品の人手で行っていた不要部分を落とすトリミング工程にロボットを導入。
悪環境に耐えるロボット及び周辺装置を導入し自動化を実現。

業種・企業規模

製造業(非鉄金属)・中小企業

補助事業者(企業名・所在地)

那須工業(株)・栃木県那須烏山市

SIer(企業名・所在地)

ロボテック(株)・埼玉県八潮市

三五商事(株)・東京都港区

用途

ハンドリング

事業の概要

 アルミダイカスト部品の製造で、不要部分を落とすトリミング工程は、溶融炉のそばの悪環境下かつ、高温の破片が飛び散る危険がある状況での作業となっていた。

 そこで、垂直多関節ロボットを導入し、エアーシリンダによる高速パンチ機と、耐熱・耐振動性の高いロボットハンドを導入することで、トリミング作業の自動化を実施した。

 ダイカストラインの1ラインに1台導入し、ダイカストマシンのタクトタイムに合わせたロボットのトリミング動作とすることで、生産量は現状を維持しつつ、作業の軽減ができた。

 これにより、高温環境下での過酷苦渋作業の削減を図れ、女性・高齢者でも安全に作業ができる環境を作ることができた。今後、地域の労働力の活用を図り、雇用の拡大を実現していく。

導入前・導入後の変化

導入前

作業員がハンマーを使い落としていた

導入後

ロボットがダイカスト部品を取り出す

高速パンチ機で不要部分を落とす

製品を切り離し自動移送する

導入ロボット(種類・メーカー・型番)

垂直多関節ロボット・ファナック(株)・M-20iA

労働生産性

労働生産性 2倍

・人数 1人→0.5人

・労働時間 8時間→8時間

・生産量 100個→100個

その他効果 やけど及び熱中症のリスクが軽減した

事業規模

17百万円