導入の主な目的

熟練技能のロボット化

タイトル

トルクコンバーター部品のブレード組み立て工程にロボット導入

事業のポイント

ビジュアルトラッキングを搭載したロボットによる「部品ピッキング」と作業者の経験知やコツを機械的に再現したハンド搭載のロボットによる「ブレード押し込み」を組み合わせ組立工程を自動化。

業種・企業規模

製造業 (輸送用機械器具)・中小企業

補助事業者(企業名・所在地)

カナエ工業(株)・静岡県富士宮市

SIer(企業名・所在地)

カナエ工業(株)・静岡県富士宮市

用途

組立

事業の概要

 シェルにブレードの爪を合わせ、ハンマーで打ち込む作業を1台につき31枚行なう作業は、作業者の経験知・コツが必要となっており、また作業者ごと打込
量や角度が異なるため品質が安定せず困難な作業となっていた。

 そこで本事業にて、熟練技能を要するトルクコンバーター部品のブレード組み立て工程を、ビジュアルトラッキングを搭載したパラレルリンクロボットによる「部品ピッキング」と、作業者の経験知やコツを機械的に再現したハンドを搭載した6軸ロボットによる「ブレード押し込み」を組み合わせ、組立工程の自動化を図った。

 結果、過酷・熟練作業を廃止すると共に、生産性の向上、安定した品質を実現する事ができた。

 熟練作業者を観察し適したハンドを選定できた事と作業者の『コツ』の部分を忠実にロボットに再現できた事が成功のポイントであった。

導入前・導入後の変化

導入前

人が手作業でブレードを打ちこんでいた

導入後

パーツフィーダーでブレードをコンベアーに流す

流れてきたブレードをピックアップロボットがピッキングし搬送冶具に乗せる

搬送されてきたブレードを組付けロボットが掴みシェルへ組付ける

導入ロボット(種類・メーカー・型番)

垂直多関節ロボット・ファナック(株)・ LR-Mate200iD

パラレルリンクロボット・ファナック(株)・M-1iA/0.5

労働生産性

労働生産性 13.5倍

・人数 12人→1人

・労働時間 9時間→8時間

・生産量 3,600個→3,600個

その他の効果 品質の向上

事業規模

74.4百万円