提案類型A.労働生産性の向上
補助事業者(企業名)株式会社ウラノ
補助事業者(所在地)長崎県東彼杵郡東彼杵町
SIer(企業名)(株)テクノス
SIer(所在地)群馬県伊勢崎市
タイトル航空機エンジン部品の機械加工における着脱作業のロボット化
企業規模中小企業
業種製造業(金属製品)
用途ハンドリング
搬送
導入の主な目的労働生産性の向上
概要マシニングセンタの切削加工における、ワークの識別、着脱、搬送工程にロボットを導入。
ロボットアームにレーザセンサを内蔵し、ワークセット時の高精度な位置決めの再現性を高めた。
概要②マシニングセンタ(NC工作機械)における、小型アルミ部品の加工は、加工時間が短く、着脱作業の頻度が高い。1人の人員が複数台の機械を受け持つ為、稼動率を上昇させ大量生産するのは困難であった。そこで、最大6台のマシニングセンタの間に、ロボット走行軸を敷き、ロボットがその軸上を識別したワークを持って各機械に搬送し、セットを行い、マシニングセンタが自動加工を行うこととした。加工が終了すると、ロボットがワークを回収し、完成品置場に移動する。また、ワークの識別、取り付け精度を高めるため、ロボットアームに、レーザセンサを内蔵し、再現性を有効にすることで、品質の安定化を図った。これにより、24時間ほぼ無人運転が可能となり、作業者は1日2時間程度、加工で排出された切粉の回収等機械周辺作業のみとなった。
導入前手作業で着脱、搬送を行っていた
導入後ロボットがワークを識別、機械へ搬送
ロボットがワークをセット
マシニングセンタが自動加工する
導入ロボット(種類)垂直多関節ロボット
導入ロボット(メーカー)ファナック(株)
導入ロボット(型番)M-10iA
労働生産性
単位:倍
16
人数
(導入前)
3
(導入後)
単位:人
1
労働時間
(導入前)
7
(導入後)
単位:時間
2
生産量
(導入前)
15.6
(導入後)
単位:個
24
その他効果夜間作業人員の削減
品質の向上
事業規模
単位:百万円
109
資料請求はこちら

ロボット活用ナビより