導入の主な目的

労働生産性の向上

タイトル

超精密金属加工工程にロボットストッカーセルを導入

事業のポイント

工作機械への材料投入・取出しと治具セット作業にロボットを導入。 ロボット・工作機械・ロボットストッカーの組み合わせで自動化を実現。

業種・企業規模

製造業 (輸送用機械器具) ・ 大企業

補助事業者(企業名・所在地)

アイコクアルファ株式会社・ 愛知県稲沢市

SIer(企業名・所在地)

アイコクアルファ株式会社・ 愛知県稲沢市

用途

ハンドリング

事業の概要

 自動車部品の超精密金属加工工程において、切削加工の高速化を目指すには搬送をロボットにより自動化することは必須である。しかし、①工作機械内部での位置決めが非常にシビアである、②自動投入での加工による大量不良の可能性がある、③要求されるコストが厳しい等の課題が多くあった。

 これらの課題をクリアするため、ハンドの動かし方の工夫、工作機械内での全数寸法検査、小スペース・低コストのロボットストッカーを開発し、自動化を実現した。

 導入効果としては、人手作業で発生する機械停止時間を削減し、稼働率・生産数をアップすることができた。休日でも無人稼動を行うことが出来るストッカーの導入により、約3.2倍の労働生産性の向上を実現した。さらに、限られた工場内スペースを有効活用し、生産個数/単位面積の向上も図ることが可能となった。

導入前・導入後の変化

導入前

人が1つずつ材料を投入・取り出していた

導入後

ロボットが引出を引き、製品を取り出す

ロボットが製品を投入する

加工後製品を取り出し、ストッカーに戻す

導入ロボット(種類・メーカー・型番)

垂直多関節ロボット・ 三菱電機(株)RV-7FLM-Q

労働生産性

労働生産性  3.2 倍

・人数 0.7人→0.4人

・労働時間 11時間→8時間

・生産量 206個→285個

その他効果 流出不良が減った

事業規模

13.9百万円

ロボット活用ナビより 

下記より産業用ロボット導入に関する基礎知識をまとめた資料を無料でダウンロードできます。

資料請求はこちら