導入の主な目的

労働生産性の向上・生産の柔軟性向上

タイトル

混流かつ多品種の自動車部品加工工程にロボット導入

事業のポイント

自動車用部品の多品種生産NC加工機の切削加工指示、製品搬送・着脱工程にロボットを導入。

多品種少ロット品の「段取りゼロ」のフレキシブル生産が可能となり、生産性1.6倍に。

業種・企業規模

製造業 (輸送用機械器具) ・中小企業

補助事業者( 企業名・所在地)

有限会社今井鉄工所 ・ 群馬県前橋市

SIer(企業名・所在地)

有限会社今井鉄工所 ・ 群馬県前橋市

用途

検査

ハンドリング

事業の概要

 当社は自動車用変速装置の部品加工を行っており、NC工作機2台を独立運転を行い運搬搬送、製品セットは人手にて行っていたが、類似製品の新機種の追加があり、段取り替えの増加と生産計画へ対応、混入などの問題点が予測され、多品種、生産の柔軟性向上ためロボット導入を決定し生産性の向上を図ることとした。

 製品加工は表と背面の加工の2工程を脱着から搬送をロボットで行い、ストックされた素材製品の中より直角座標型ロボットのハンドリング機能に、素材品種判定工程と視覚センサーを活用し、判定識別情報にて指示されたNCプログラムを呼び出し加工する。プログラムの自動選択により異種混流生産が可能となり、品種切り替えの「段取り発生0」が実現できた。

 効果として製品の品質向上、製品出来高1.3倍、少人化1名が達成され、運搬重量が2.5㎏の過酷作業がなくなり、従業員の作業改善も図れた。

導入前・導入後

導入前

製品を手作業で運搬・セットを行っていた

導入後 

ロボットで混流生産し搬送・加工する

ロボットで製品反転セットする

製品、品種検出を画像判定し加工指示する

導入ロボット(種類・メーカー・型番)

直角座標ロボット・村田機械(株)MD120

労働生産性

労働生産性 1.6倍

・人数 5人→4人

・労働時間 16時間→16時間

・生産量 600個/日→780個/日

その他効果 過酷作業の代替/支援・品質の向上

事業規模

5.1百万円

詳細はこちらから: ロボット活用ナビ

下記より産業用ロボット導入に関する基礎知識をまとめた資料を無料でダウンロードできます。

資料請求はこちら