提案類型A

未活用領域における導入実証・FS事業 (補助金上限額:導入実証3,000万円、FS 500万円)
三品産業(食品・化粧品・医薬品産業)又はサービス産業におけるロボット活用であって、これまで当該分 野における活用が進んでこなかった阻害要因を明確に特定し、これを解決するためのロボット導入実証やFS (Feasibility Study:実現可能性調査)を行う計画を対象
補助事業者(企業名)(株)釜屋
補助事業者(所在地)熊本県合志市
SIer(企業名)タイヘイテクノス(株)、
(有)モアコンセプト
SIer(所在地)熊本県熊本市
タイトル多品種少量生産に対応したレトルト製品パレット詰み工程のロボット化
企業規模中小企業
業種製造業(食料品)
用途パレタイズ
導入の主な目的過酷作業の代替/支援
(体力面)
概要レトルト製品製造工程おける、箱積工程にパレタイズロボットを導入。
多様な形状の段ボール、多様な積み方に対応すべく専用ハンド開発し、省力化を実現。
導入前小柄な女性作業員が重労働を強いられていた
導入後殺菌、計量後の段ボールを投入
ロボットが段ボールをパレット積する
パレットチェンジャがパレットを交換
概要②当社はOEM生産(レトルト製品・パック詰等の受託 生産)を、顧客より受注しており、近年引き合いが増加 している。これに伴って取り扱う製品の、生産量、生産 品目も急増し、顧客ごとに封入するパッケージ、最終 出荷する段ボール品種なども増え、封入から梱包、出 荷工程で作業者に多大な負荷を強いていた。とりわけ、 最終工程であるパレット積み( 6Kg ~ 12kg の箱を170cm積み上げ)は重労働となっており、これらの過酷作業の軽減が課題であった。
パレット積工程の課題は、顧客ごとに大きさ、重さ、 形状等の違う段ボールを、顧客の要望ごとに荷作り(積み方、積数)する必要があり、自動化が困難で あった。今回、様々な形状・積み方・重量に対応可能なパ レタイズシステム(ロボット、パレットチェンジャ)を構築 し、処理量増加に対応し、作業員の負担軽減等の課 題を解決することに成功した
導入ロボット(種類) 垂直多関節ロボット
導入ロボット(メーカー)川崎重工業
導入ロボット(型番)CP180L
労働生産性
単位:倍
1.25
人数
(導入前)
10
(導入後)
単位:人
8
労働時間
(導入前)
8
(導入後)
単位:時間
8
生産量
(導入前)
266
(導入後)
単位:個
266
その他効果過酷作業の代替/支援
投資回収年
単位:年
5.2
事業規模
単位:百万円
25
効果(年あたり)利 益 増:480万円/年
労働生産性:2名(480万円=20万円×2 名×12ヶ月)の人件費に相当
ロボット導入のきっかけ当社は平成7年創業、熊本県下に4つの工場を持ち従業員数45名の、主に食品加工・販売を行って いる会社です。平成13年には、国産ごまの自家栽培にも取り組み、生産から加工、販売までを行う体制 も構築しました。近年は、ゴマ由来成分を配合したお肌に優しい化粧品などの開発・商品化にも取り組ん でおります。 当社の主力製品は上記の自社製品(企画・生産・販売)と、受託生産(OEM)品の2 つに大分されます。最近はOEM生産の依頼が増加し、工場の増設、人員の増員により対応してまいりま したが限界に近づいており、抜本的な対策が必要と考えておりました。
上記課題を解決する方法を模索していた中、食品業界向けの展示 会に参加したところ、多数のロボットが出展されており、ロボットが当社の 様々な課題を解決してくれるのではないかと考えるようになり、工場の
IT化とロボット化の相談をしていたタイヘイテクノス社とモアコンセプト社 に相談いたしました。
打ち合わせを行っていくうち、まずは工程で一番負荷のかかっている工程 のロボット化の提案を受け、作業員に重労働を強いている最終工程(パ レットへの積付)でのロボット導入を決定いたしました。
ロボット導入を終えて今回導入において一番苦労した点は、最終製品数(段ボール種類)の多さ、積み付けパターンの多さ 使用パレットの多さ、又導入スペースの確保の4点でした。
段ボール、積み方、使用パレットは、顧客ごとに異なり、様々な形状、積み方に対応できる様に、ロボット ハンドの開発、制御方法の工夫を行い対応しました。又もっとも苦労したのは設置スペースの確保でした。
工場の制約で、約4メートル四方に、パレタイズロボット、段ボール投入コンベア、パレット置き場を設置し なくてはならず、省スペース型の回転型パレットチェンジャを新たに開発し解決しました。
導入後、パレット積工程を担当していた女性作業員2名は、 重労働より解放され、検査、計量の工程に割り振ることが出来、 会社としても労働面、品質面での向上が図れたと思っております。 当社の規模の食品製造会社で、ロボットを導入している会社は周 りを見てもあまりなく、他社より進んだ取り組みが出来たと思っ
ています。又、当社においてはより上流工程(製造、殺菌、箱詰め) の省力化、ロボット化の余地も高く、今後の人員不足、生産能力の 向上にロボットは必要不可欠であると確信しています。
ロボットユーザーからひとことロボットは、自動車、家電 製品の製造業で使用される ものとの認識を改めるきっかけ となりました。
もともと、当社の業界でのロ
ボット導入はまだ先であろうと
代表取締役 釜賀精二 考えていましたが、最近の
食品業界向け展示会はロボットばかり、思い 切って踏み出して良かったと思います。今回導 入したロボットも、重量物をいとも簡単に積み上 げていく、積み終わったらパレットが自動で交換 されると、人員と時間の節約に役立っています。
『食品製造業界も、IT化、ロボット化は必須』 との課題の基に、今後も積極的な投資を行って いこうと考えております。
人員不足の将来、ロボットは『食品製造業の救 世主』となりえると認識しています。

ロボット活用ナビより  http://robo-navi.com/webroot/doc_download.html