提案類型【B.コスト削減に向けたSIプロセス実証事業】

補助金上限額:3,000万円
補助率 中小企業:2/3、大企業(中小企業以外):1/2
ロボットシステムの構想・設計・導入を担うシステムインテグレータと密に連携し、ロボットシステムの導入におけるシステムインテグレーションのコストを削減する設計手法の実証を行う計画を対象とします。
補助事業者(企業名)東洋ドライルーブ
(株)
補助事業者(所在地)愛知県春日井市
SIer(企業名)(株)A-TEC、
(株)明和機器
SIer(所在地)愛知県名古屋市,愛知県日進市
タイトル双腕型ロボットを活用した複数システム兼用可能な自動車部品の検査梱包工程の自動化
企業規模中小企業
業種製造業(化学工業)
用途ハンドリング
導入の主な目的労働生産性の向上
概要自動車部品の検査梱包工程に双腕ロボットを導入し、治具取出・検査・トレー梱包を自動化。
移動可能な協働ロボットを採用し、ロボットを複数システムに兼用することで導入費を低減。
概要②自動車部品の検査梱包工程に協働双腕ロボットを導入。従来は固定式多関節ロボットを使用し、ひとつの部品 に対して専用システムを構築するシステムインテグレーションを行うのが通常であった。これに対し、今回は容易 に移動可能な協働双腕ロボットを採用し、ロボットだけを複数のシステムで兼用することでロボット導入コストを削 減する手法である。これにより、複数の部品に対して、ロボット部分以外を各々専用化しておき、必要に応じてロ ボットを移動させ複数のシステムに兼用することで、多品種少量生産で投資回収不能であった製品にたいしても ロボットシステム化を実現させ、投資回収を容易にする『人・ロボット・専用機』が共存できるシステムインテグレ ーションである。
導入前従来は安全柵に囲われ、ロボットもアンカー固定され ているため、ひとつの部品ごとに専用システムが必要 である。


周辺装置・設計費等 2,713万円
安全対策費用 200万円
多関節ロボット(4台) 900万円
合計 3,813万円
導入後複数ある部品に対して、一部分を専用システム化し、 ロボットは兼用させることで、ロボットの購入費を削減 し、稼働率も向上させることが可能な、多品種少量生産に適した手法である。

周辺装置・設計費等 2,713万円
安全対策費用 0円
双腕型ロボット(2台) 900万合計 3,613万円以下
*複数システムに兼用の場合、実質導入費1/2以下

導入ロボット(種類) 双腕型スカラロボット
導入ロボット(メーカー)川崎重工業
導入ロボット(型番)duAro
労働生産性
単位:倍
2
人数
(導入前)
3
(導入後)
単位:人
2
労働時間
(導入前)
8
(導入後)
単位:時間
6
生産量
(導入前)
22,500
(導入後)
単位:個
22,500
その他効果外観検査の品質安定
投資回収年
単位:年
7.9
事業規模
単位:百万円
36
効果(年あたり)生産産効率UP(稼働率や段取含む): 26.8h ⇒13.7h (13.1h削減)
人件費減:13.1h×時給×20日×12ヵ 月=455万
ロボット導入のきっかけ東洋ドライルーブ㈱はフッ素コーティングなど個体被膜潤滑剤の研究開発から製品製造・コーティング加 工・販売までを自社で一貫して行っている会社です。その中で今回ロボットを導入した愛知事業部はコー ティング加工をメインとしており、自動車部品を数多く扱う工場です。しかしながら、扱う多くの部品で未だに 人の手や目に頼る作業が工程内で大部分を占めいています。
手作業に頼らざるを得ない理由は、多品種少量のため設備投資しても回収出来ないからです。過去に は、設備投資を行い専用システムとして自動化を実施した実績もありますが、生産量の減少と共に一日に 数時間しか稼働しなくなっている等の経験もしました。これらは、多くの企業で抱えている問題だと思います。そんな中で、システムインテグレーターから『ロボット導入実証事業』や『協働双腕ロボット』の話を聞き、打合せを 重ねていくうちに、協働ロボットなら移動可能で安全柵も不要・双腕型 でスペースがコンパクト・専用化する部分は最小限でロボットを兼用させる ことが出来る等のメリットから、このシステムインテグレーションならチャレンジ
に値すると確信したこと、そしてロボットやセンシング技術を組み合わせた生 産性向上を目指す会社方針に合致したことがロボット導入のきっかけです。
ロボット導入を終えて今回のシステムは、協働双腕型ロボットを採用しました。協働ロボットという存在も知らず、双腕型ロボット を使うのも初めてであり、若干の不安も残しつつ取り組みましたが、ロボットシステムを実現することができまし た。
ロボット導入の結果、以前は3人で8時間かかっていた作業が2人で12時間で完成させることが出来るよ うになり大きな生産性改善につながりました。そして、人に頼る作業はどうしてもバラツキがでてしまうため、ロ ボット導入による品質の安定も期待出来ます。また、双腕型ロボットを使用したシステムが実現できたことに より、本来の目的であった、複数のシステムに兼用することができることを実証できました。これにより、今後の ロボット導入への抵抗が減ったと断言できます。ただし、ロボットが様々な作業で活躍する可能性を感じつつ 今まで自分自身で作業していた人は、ロボットを操作するという立場に変化をしてくると思われます。
また、ロボットをプログラミング・操作する人の成長も重要だと実感しました。
ロボットは人の作業を助けてくれます。人はうまく操作することでロボットを助け、人とロボットが一体感をもっ たモノづくりを目指していきたいと考えています。
今回、当社が取り組んだシステムインテグレーションを投資に消極的になっている企業様にも、ぜひ挑戦し ていただければと思います。
ロボットユーザーからひとこと当社は多種の材質・形状の 製品の表面に機能性被膜を 形成しています。すべての生産 工程で生産性向上を目論ん でおり、新たな生産方法を導 入し生産性を画期的に改善することや各工程にロボットや製品の画像認識、センシング等の機器を採用 し、自動化・IoT化を推進していくことが急務で あると考えています。今回の協働双腕ロボット導 入は当社として初めての試みであり、ロボットを 駆使した自動化推進の第一歩です。今後は今 回の導入手法・経験を存分に活かし、検査・梱 包工程だけではなく製造現場にもロボットの活 躍の場を広げると共にロボットとそれらを扱う人 材を充実させることで、さらなる発展をしていきた いと考えています。
ロボットシステムインテグレータからひとこと
東洋ドライルーブ㈱様の チャレンジは素晴らしいと思 います。今回の自動化では、 単純な作業を自動化する だけでなく、多品種少量生産などのお客様の業務・作 業環境に適合した、最適なシステム構成に注力しました。特に省スペース化や今までにないロボットの導入方法を実現する為に、従来のように産業用ロ ボットを何台も使用せず、人と協働できる安全 で柔らかな素材を用いる双腕型ロボットを採用 しました。
また、設備のオペレートを女性が行うことになり ますので、女性でも抵抗がない扱いやすいシス テム設計を目指しております。

ロボット活用ナビより  http://robo-navi.com/webroot/doc_download.html