提案類型【B.コスト削減に向けたSIプロセス実証事業】

補助金上限額:3,000万円
補助率 中小企業:2/3、大企業(中小企業以外):1/2
ロボットシステムの構想・設計・導入を担うシステムインテグレータと密に連携し、ロボットシステムの導入におけるシステムインテグレーションのコストを削減する設計手法の実証を行う計画を対象とします。
補助事業者(企業名)(株)トーユー
補助事業者(所在地)宮城県仙台市
SIer(企業名)(株)光文堂
SIer(所在地)宮城県仙台市
タイトルダイレクトメール加工工程へのロボット導入における生産プロセス効率化
企業規模中小企業
業種印刷・同関連業(オフセット印刷)
用途搬送箱詰
導入の主な目的生産性向上
概要ダイレクトメール製造工程に箱詰を行う多関節ロボットを組みこみ、製造工程のライン化
製品のばらつきの解消・作業の平準化・人件費の抑制・省スペース化の実現
概要②ダイレクトメール加工工程に多関節ロボットを導入。従来はそれぞれの工程で複数人で作業をし、システムイン テグレーションを行うのが通常であった。これまでは作業員の熟練度で処理量が左右されるため、工程全体の作 業簡便化と工程毎の作業量の平準化が課題であった。
今回は4名で行っていた一連の作業を自動化されたダイレクトメール加工機と最終工程で多関節ロボットが箱詰 を行う形の組み合わせによるオートメーションのシステム化を構築した。
生産性が2倍、作業員も4名から2名、労働生産性が5倍となることを目標としている。
導入前従来、作業員が帯掛を行い手作業で製品を箱詰する 形でシステムインテグレーションを行っていた。作業 員によって生産数が異なるため生産数の把握が難し かった。


生産数 640個/日
作業員 25万円×4名
合計 100万円
導入後箱詰作業を多関節ロボットで行わせることにより生産 数が従来に比べ2倍となった。また作業にかかる人 員を2名削減することが可能となった。


生産数 1,600個/日 作業員 25万円×2名
合計 50万円
導入ロボット(種類)垂直多関節ロボット
導入ロボット(メーカー)ファナック
導入ロボット(型番)200iD 7
労働生産性
単位:倍
5
人数
(導入前)
4
(導入後)
単位:人
2
労働時間
(導入前)
32
(導入後)
単位:時間
16
生産量
(導入前)
640
(導入後)
単位:個
1600
その他効果設置場所の軽減
投資回収年
単位:年
1.9
事業規模
単位:百万円
11.4
効果(年あたり)生産数増加:760個/日×240日=182,400個
不良率低下:前0.025%→0.002%
利 益 増:600万円/年
労働生産性:2名(600万円=25万円×2 名×12ヶ月)の人件費に相当
ロボット導入のきっかけ(株)トーユーは仙台市に本社を置く従業員数が55名の印刷会社です。2003年に現在の場所 で工場を稼動し今年で15年目になります。印刷はもちろんのこと、加工に特化した体制をとるべく 設備投資を行ってきました。現在ではさまざまなニーズの加工のラインナップをそろえることができユー ザー様にも大変ご好評をいただいております。
加工の機械も自動化が進み以前に比べますと生産性も向上しておりますが、まだまだ人手に頼ると ころが多いのが現状です。また、まもなく迫り来る熟練オペレーターや作業員の高齢化、さらなる慢性 的な人材不足が懸念材料としてありました。
これらの問題をどうやって改善していくかを思案するうちにロボット化 に着眼いたしました。まずは当社の得意とする紙加工の一貫作業 でロボット運用を実用化できないだろうかと検討していたところ、シス テムインテグレーターである(株)光文堂様と協議を重ね、運用可能 と判断して今回初めて多関節ロボットの導入に至りました。
ロボット導入を終えてこれまではメイラーの加工機を扱う作業者が出来上がった製品を次の作業者のところまで運び、別の作業 者が帯掛・箱詰めをおこなうという工程でした。作業者のスキルによって生産量が異なるという状況で、生産 量の正確な把握にはいたりませんでした。
ロボット導入の結果、以前に比べ作業者による生産量の差やロスがなくなり、安定した品質の供給が可 能となりました。また、生産性改善効果も大きく、これまで1日640個の製品の仕上がりが1日1400個と 約2倍に生産量が上がりました。4人の体制でおこなっていた作業も2人で可能となり労働生産性も5倍 となりました。
以前はロボットと連動した紙工のシステムは、業界の展示会を見て回ってもなかったように思われます。それ ぞれが単体での運用があたりまえの意識でおりました。しかし、実際に導入してみると、一連の作業がスムー ズに流れるようになり飛躍的に生産効率が上がりました。正直これほどの効果が得られるとは当初考えもし なかったです。
これからもどのようにしてロボットに役割をもたせるかを軸に設備計画をおこなっていきたいと考えております。 ロボットの可能性はまだまだ発展途中の我が業界においても無限大に広がるものと思われます。
ロボットユーザーからひとこと多関節ロボット導入はちょっ とした発想の転換とロボット自 体の進化が挙げられます。
特にロボットは多関節とカメラ 搭載になった事で作業精度、 速さが目覚しい進化を遂げて いた事に尽きると思います。
その事により(出来ないと思い込んでいたのが、 出来るかもしれないに変わり、そして出来る事を 確信しました。)考え方が変わり、結果予想通り の活用が出来ました。今後はこの成功事例を 基にしてその他の工程でもロボット化出来る箇 所は積極的な改善に取り組み、労働時間の短 縮や単純作業でのうっかり、ぽっかりミスの改善 や肉体疲労の軽減等を行い、人間とロボットの 協働作業を推進していきます。
ロボットシステムインテグレータからひとこと
弊社はもともとは印刷機材 の商社でもあり、これまでの紙 工の機械は単体使用が基本 の発想でありました。多岐にま たがる工程を一本化するとい うのは、まだまだこれからの課題だと考えておりました。
今回(株)トーユー様から本案件のご相談をい ただきました時、ロボットを利用したらどうかとのヒ ントをいただきメーカーといろいろな角度から協議 した結果、今回の仕様にたどりつきました。
実際導入されたロボットの動きをみると十分な 働きをすると感心ました。
これから印刷業界もさらに、人手不足が深刻 なるものと感じている中、ロボットの活躍は今後 ますます増えるものと実感しました。ロボットの発 展に寄与していきたいと考えております。

ロボット活用ナビより  http://robo-navi.com/webroot/doc_download.html