提案類型AA未活用領域における導入実証・FS事業 (補助金上限額:導入実証3,000万円、FS 500万円)
三品産業(食品・化粧品・医薬品産業)又はサービス産業におけるロボット活用であって、これまで当該分 野における活用が進んでこなかった阻害要因を明確に特定し、これを解決するためのロボット導入実証やFS (Feasibility Study:実現可能性調査)を行う計画を対象
補助事業者(企業名)セントラルパック(株)
補助事業者(所在地)長野県松本市
SIer(企業名)(株)タクト
SIer(所在地)長野県茅野市
タイトル不規則に配置されたレトルトパウチ製品の整列作業の高速ロボット化
企業規模中小企業
業種製造業(食料品)
用途ハンドリング
導入の主な目的労働生産性の向上
概要殺菌後のレトルトパウチを手作業でカートナーへ供給する作業(毎分130袋/分)をロボット化する。
画像処理技術を駆使して位置ズレ、重なり合った製品も正確にハンドリングし整列させる。
導入前当社の主力商品となるカレー、釜飯などのレ トルトパウチ製品は包装工程に手作業で供給し ていますが、殺菌中に水流と浮遊によりトレー 内の中で様々な方向にパウチ配列が乱れた状態 となっている為、包装機への供給作業の自動化 が進まない状況であった。
今回、パラレルリンク型ロボットと高性能カ メラによる画像処理技術の組み合わせにより配 列の重なりや位置ズレの検出が可能となり、正 確なハンドリングが実現した。また、段バラシ 工程上で行うことにより、コンパクトで限られ たスペースへの設置が可能となった。
本システムの導入により重労働であった3名 によるパウチ供給作業はトレー台車の搬入・搬 出作業等のサポート要員1名のみとなり、一日 当たり4名の少人化が実現した。また、熟練担 当者に頼らない安定供給に繋げる事が出来た。
導入後l高速カートナーへのパウチ供給作業、手直し作業、 空トレー回収作業を3名で行っていた。
概要②サポート要員が製品台車をセットし、トレー1枚ずつ 切り離し カメラが製品の位置情報を認識する
ロボットが位置ズレ、重なり合った製品を角度調整 しながらハンドリングしサブコンベアに整列させる
ロボットが位置ズレ、重なり合った製品を角度調整 しながらハンドリングしサブコンベアに整列させる
導入ロボット(種類)パラレルリンクロボット
導入ロボット(メーカー)ファナック
導入ロボット(型番)M-2iA/3SL
労働生産性
単位:倍
3
人数
(導入前)
6
(導入後)
単位:人
2
労働時間
(導入前)
8
(導入後)
単位:時間
8
生産量
(導入前)
62400
(導入後)
単位:個
62400
その他効果過酷作業の軽減
投資回収年
単位:年
3.6
事業規模
単位:百万円
45.5
効果(年あたり)導入効果:一日当たり4名の少人化 年間稼働日数:200日
労働生産性:@16,000×4名×200 日)=1280万円
ロボット導入のきっかけセントラルパック株式会社は、カレー、釜飯などのレトルト食品を中心に各種食品の開発から製造を行っ ている食品メーカーです。様々な製品の製造を行う汎用性を求められることもあり、自動化が進んでおらず、 手作業に頼る工場でした。人手不足が深刻となりつつある現在『ロボットを活用した少人化・作業軽減設 備の導入を積極的に進めていく』という会社方針のもと、先ずは今回の「高速カートナーへのパウチ製品供 給の自動化」について検討をスタートしました。 ところが大手設備メーカー数社に相談したところ、
①トレー内の製品が不規則に乱れている。
②ウエットで凹凸がある軟包材を高速ハンドリング(130袋/分) で整列させることは技術的に難しい。
③設置スペースが狭すぎる。(3m×8m ) 等の理由でなかなか進展せずにおりました。
そのような中、地元企業でFA機器、少人化設備の開発設計製造 を手がける『株式会社タクト』様に上記の課題を解決した画期的な ご提案をして頂きました。技術的に難しい案件であったと思いますが 親身になってご協力頂いたことに感謝しております。
ロボット導入を終えて本システムを導入する前は3名のパウチ供給者は、高速カートナーへの供給量を確保する為、高温多湿 な環境下の中、絶え間なく長時間の前傾姿勢で製品供給、無理な体勢で空トレーを回収していました。 また作業担当者の熟練度により供給量(100~130袋/分)にバラつきがあり稼働率にも影響していました。
本システムの導入により、トレー台車の搬入、搬出作業等のサポ ート要員1名(3名→1名)のみとなり、2直生産ラインであること から1日当たり4名の工程従事者の少人化が可能となりました。
課題となっていた配置が乱れた製品も、確実にハンドリング・整列 することが出来ており、また供給量(120~130袋/分)も安定し 稼働率もアップするとともに「単純作業」、「過酷作業」、「過度な 体の伸縮作業」から開放されました。
今回のロボット設備での課題を洗い出し、水平展開した2号機の 導入も来期に計画中です。また更に他の食品工場にはない独自 なロボット技術も今後取り入れていきたいと思います。
ロボットユーザーからひとこと幣社にとってロボットの導入 は初めてであった為、ロボット についての知識がほとんどない ところからのスタートでした。 人がやっている単純作業、過 酷作業を何とかしたいという想 いからでした。
導入にあたり、ロボット変更、納期短縮等によ り㈱タクト様には大変ご苦労頂きました。
今後、更にロボットの可能性は飛躍的に広が り活躍の場は一層増えてくると思います。日進 月歩で進化するロボットの情報に注視しながら、 ロボット化を更に進めていきたいと思います。
人が行う仕事は更に付加価値を高め、ロボッ トとの協働による作業軽減、やりがいのある工 場を目指していきたいと思います。
ロボットシステムインテグレータからひとこと
ロボット導入前、3-4名 の作業者が非常に大きなト レーを忙しく持ち運び、レトル トパウチを整列して並べる作 業を見て、これは早く自動化して作業改善することに強い動機付けを頂きました。少人化のロボット活用は会社の重点施策とし て取組んでおります。多関節型及びパラレルリン クロボットを用いて、お客様の困りごと解決のため、 汗をかくことが弊社の特徴でもあります。益々、 人手不足となる製造現場において、メカ設計及 びシステム設計、装置製造のラインを全て持って いますので、今後もお客様の真の困りごとに対し て解決手段を提供し続けます。また、このシステ ムは更に水平展開を目指したいと考えています。

ロボット活用ナビより  http://robo-navi.com/webroot/doc_download.html