提案類型A未活用領域における導入実証・FS事業 (補助金上限額:導入実証3,000万円、FS 500万円)
三品産業(食品・化粧品・医薬品産業)又はサービス産業におけるロボット活用であって、これまで当該分 野における活用が進んでこなかった阻害要因を明確に特定し、これを解決するためのロボット導入実証やFS (Feasibility Study:実現可能性調査)を行う計画を対象
補助事業者(企業名)タマムラデリカ(株)
補助事業者(所在地)栃木県佐野市
SIer(企業名)(株)ワイ・イー・データ、ヤマハ発動機(株)
SIer(所在地)埼玉県入間市
静岡県磐田市
タイトル弁当・惣菜製造ラインにおける蓋閉め工程の自動化
企業規模中小企業
業種製造業(食料品)
用途ハンドリング
導入の主な目的生産性向上
概要商品により形状の異なる蓋に対応した、蓋閉め装置を開発
アタッチメントの交換により、複数の商品に対応、省力化・無人化へ
導入前弁当・惣菜ラインは商品ごとに容器形状が異なることから、従来は人手により交代でライン生産をして いる状態であった。商品の改廃サイクルも早く、その 度に熟練した作業者の育成が常時必要であり、繁 忙期では稼動ラインが増加することから、熟練作業 者が不足し生産ラインが安定しない時もあった。単 一商品であれば自動で蓋を閉める機械は他にも あったが、複数商品に対応できる汎用性の高い機 械は存在しなく、弊社の希望に沿った機械がなかっ たのが実情である。
今回機械導入に伴い、生産ラインの人数削減と、 機械化による安定化が実現した。2人⇒0人の削減と、 熟練作業者が他作業に移行できたことにより、商品 の品質向上にも役立っている。今後の構想として、 複数台の導入・他メーカーへの展開がある。また、 上流にある盛付け工程の機械化にも応用できる可 能性を秘めている。
導入後人が1つずつ蓋を閉めていた
概要②ロボットが蓋を持ち上げる
ロボットが商品をセンタリングし持ち上げる
ロボットが商品に蓋をする
導入ロボット(種類)直角座標ロボット
スカラ型ロボット
導入ロボット(メーカー)ワイ・イー・データ
ヤマハ発動機
導入ロボット(型番)専用設計、YK500TW
労働生産性
単位:倍
2
人数
(導入前)
2
(導入後)
単位:人
1
労働時間
(導入前)
5
(導入後)
単位:時間
5
生産量
(導入前)
15000
(導入後)
単位:個
15000
その他効果流出不良が減った
投資回収年
単位:年
3.3
事業規模
単位:百万円
20
効果(年あたり)人件費削減 6,000千円/年
熟練者移行による生産安定・品質向上
事業規模20百万円÷削減効果6百万円
=3.33年での回収
ロボット導入のきっかけタマムラデリカ㈱は麺類、惣菜を調理・製造する食品製造工場です。お客様に新鮮な商品をお届けする ため、夜勤を中心とした製造スケジュールを組んでおり、人手不足が発生し、機械化・自動化が必要となっ ておりました。機械化・自動化にあたりまして、食品製造業(弁当・総菜)は、多品目・小ロット生産であり、 商品の改廃サイクルが早いなどの多くの課題があり、また、製造ラインの生産能力に対応した高い処理能力 が求められるため、熟練者による手作業に頼る部分が大きく、今まで機械化・自動化が進んでおりませんで した。㈱ワイ・イー・データ様が、食品製造業をターゲットにした蓋閉め装置を試作したとの情報を得て、試作機を見学させて頂いた所、多品種への 対応ができ、処理能力2000食/時間を目標としているなど、当社の求め ている仕様を満たしておりました。機械化・自動化による、人員の削減と、 人的ミスによる現場ロスの削減、クオリティーの上昇が達成できると確信し、㈱ワイ・イー・データ様とご相談させていただきながら、検証・テストを重ね ました。食品工場対応の仕様を盛りこみ、改良を重ねながら、蓋閉め機 導入にいたりました。
ロボット導入を終えて蓋閉め機導入の結果、作業者の習熟度により発生する出来上がりのブレ、ロスがなくなりました。同じ作 業を繰り返すことによって生じていた作業者の方への身体的な負担や、作業教育を行なう負担の改善効 果も見られています。今まで熟練の方に行なっていただいていた蓋を閉める作業を機械に置き換える事で、 熟練作業者の方を、検品等、品質向上の配置に転換でき、商品のクオリティー向上にも効果がみられてい ます。生産性改善効果も大きく、これまで蓋閉め作業に2名かかっていた人員を0名にする事ができ、2名の 人員削減効果を出すことができています。懸念されていた多品目への対応について、アタッチメントの交換で 対応しており、蓋については内勘合・外勘合、双方に対応できており、容器についても四角形・円形・楕円 形・多角形など、あらゆる種類に対応できています。
また、ワンタッチで交換できる仕組みになっており容易に対応商品の切り替えができるようになっています。 生産能力については当初目標としていた2000食/時間が実現でき、製造ラインの生産能力に対応できて おります。機械上部に制御盤を置くことにより、制御盤の破損を防止できていると共に、清掃がしやすい機 械となっています。
今後、計画を立て、2号機以降の機械導入をはかり、活用していきます。 人で確認するべき部分と、機 械に任せられる部分を役割分担しながら、更なる機械化・自動化を目指していきたいと考えております。
ロボットユーザーからひとこと製造工場において、人手 不足に対応するため、機 械化、自動化は早急に対 応しなければならない課題 でした。ベテラン従業員にて 行なっている作業を、機械 ではまだ対応できないので は・・・という考えを導入前 は持っておりました。
実際、テストを重ね、導入した後には、人と、機械 の役割分担を行なうことで、よりクオリティーの高い 商品をお客様にお届けする事や、従業員の方へ の負担を軽減する事ができるのではと、考えており ます。人と、機械、メリットを生かした運用をしてま いります。今後、更なる機械化・自動化を進めて いきたいと考えております。
ロボットシステムインテグレータからひとこと
今回導入いただきました装 置は、製造ラインで作業され る方のどの作業を担い負担を 軽減させられるのかといった視 点から蓋閉め装置を提案させて頂きました。
また、多くの人が関わる製造ラインですので、使い勝手が良く親しみやすい装置を目指しました。
開発過程より、お客様の現場から積極的に情報をご提供いただけたことで実現できたと感じ ております。今後も現場の視点にたち、多くの声 をお聞かせ頂きながら一層の改善を進めてまい ります。また、これからも製造現場において安全 で身近に感じられるロボット装置の製作に心が け、「作業の負担が減ってよかった」と言葉を頂 けるように今後も努めてまいります。

ロボット活用ナビより  http://robo-navi.com/webroot/doc_download.html