製造現場におけるロボットや、ホワイトカラーにおけるRPAの導入をする際に大切だと思うこと。結論からいうと、手段を目的化しないことです。仕事を機械化したり、自動化したりすることで生産性を高めることが目的のはずなのに、気づいたら導入すること自体が目的となり、導入プロセスで多大な時間やお金を投資したのに結局思ったほど成果を挙げられなかったということがよくあります。

 特にマネジメントから「自社の競争優位性を確立するために、機械化を進めよう」とか「働き方改革の流れに乗って、RPAをとりいれよう」という言葉からプロジェクトが始まると大変です。競争優位性や働き方改革という言葉は非常に抽象的な言葉で、目的が不明確だからです。

 まずは「何のために」「何を実現したいのか」を明確にしたうえで、最新の技術をとりこんでいくことが重要です。