ロボットが普及していくことで人の仕事がなくなるのではないかと心配する声があります。ロボットの導入によって、一部の仕事を人がする必要のないことが出てくると思います。例えばコンピュータの登場は単純労働を不要にしました。それにより、仕事を失ったり、または仕事を変えざるを得なかった人はいると思います。しかし、ロボットは製造現場において、溶接や塗装といった習熟が必要なうえ職場環境が過酷で人手不足に悩んでいる現場から優先的に導入されていくでしょう。人がやりたがらない、人にはできない仕事を代わりにやってくれます。

 ロボットを活用することで雇用が増えると考える専門家もいます。自動車産業では生産ラインにいち早くロボットを導入したメーカーほど業績を伸ばし、結果として従業員は増えています。ロボットは製造現場の効率化や高速化を実現し、生産性を向上させています。