2035年までの市場予測

 今後の日本では、少子高齢化によって働き手が減少する一方、豊かな生活を維持・発展させていくためには製造業をはじめとした産業では機械化・省人化が課題になります。そこで重要なのが、産業用ロボットやRT(ロボットテクノロジー)の活用です。それらの要因から、ロボットの需要はさらに拡がると予想されます。

出典:平成22年ロボット産業将来市場調査(経産省・NEDO)