2015年2月に日本経済再生本部において決定された「ロボット新戦略」では、「ロボット革命」の実現に向けて、我が国として世界一のロボット利活用社会を目指すこととしています。( ロボット導入実証事業 経済産業省)

「ロボット導入実証事業」は、そのような幅広い分野でロボットが活用される社会の実現に向けて、ものづくり・サービスの分野のうち、これまでロボットが活用されてこなかった領域におけるロボット導入の実証や検証( Feasibility Study 略称FS)を進めていくための事業です。

ロボット導入実証事業には次の二種類があります。

【ロボット導入実証事業】
ものづくり分野やサービス分野におけるロボット未活用領域へのロボット導入の実証を行う事業者に対し、当該実証事業に要する費用(ロボットシステムの設備費用、SIerによるシステムインテグレーション費用 等)の一部を補助します。

◆補助率:大企業1/2、中小企業2/3
 補助上限額:5,000万円
※現在、募集は行われておりません。

【ロボット導入FS事業】
ものづくり分野やサービス分野におけるロボット未活用領域へのロボット導入を検討する事業者に対し、当該ロボット導入についての実現可能性調査(FS)を行うための費用(SIerによる業務分析、ロボットシステムの検討、費用対効果の算出のための費用 等)の一部を補助します。

◆補助率:大企業1/2、中小企業2/3
補助上限額:500万円
※現在、募集は行われておりません。