従来のロボットは開発する企業や研究機関ごとに独自の方式を採用することが多かったため、OSやミドルウェア、プログラム言語などにあまり共通点はありませんでした。技術やノウハウを秘匿する目的から公開される情報に限りがあったため、どんなソフトウェアを使っているか、わからないケースが多かったのです。

 しかし最近ではロボットの基盤となる技術については、ロボット用の共通ソフトウェアを普及させようという動きがでてきました。